モーション制作の補助機能


■モーション・アニメーション制作の補助機能


●ゴースト表示(Ghost)

前後の動作を半透明で表示します。ゴースト化したいオブジェクトを選び、
ワークスペース:Animation

Visualize > Ghost Selected でゴースト化
Open Ghosting Editor  で詳細変更

※キーフレームがないとゴーストは生成できないようです。

page top



●モーショントレイル(Motion Trail)

モーショントレイル(Motion Trail)は、各オブジェクトの軌道を表示し、軌道編集も行う事が出来ます。

ワークスペース:Animation

Visualize >Create Editable Motion Trail 

↓削除はアウトライナーのmotionTrail Handle をDeleteしてください。

page top



●パスアニメーション

パスに沿ってオブジェクトを移動させる方法です。パスの先(進行方向)を向かせることができます。

Constrain>Motiion Path>Attach to Mortion Path

・パスアニメーション解除方法

ノードエディター(Node Editor)で消します。ノードエディター起動。
Windows>Node Editor

メイン画面でモデルを選択し、ノードエディタの  ボタンを押すと、関係するノードが出現する。

その中で、「motionPath」と書かれたノードを削除すればコンストレイントが解除される。



 

●パスアニメーション(パスに沿った形状変化)

パスアニメーションに加え、パスの形状に合わせて形状の変化も付けることができます。

Constrain>Motiion Path>Flow Path Object

ラティス(Lattice)を使った変形です。

page top



■アニメーションデータの書出し/読込み

ATOM

File > ATOM 

【書出し(Export Animation…)】

 出力したい階層を選択。キャラクタスケルトンやコントロールリグなど。
 複数選択する場合は選択順番が重要です。

書き出し(読込み)時の注意

・フレームレートは書出しと読込みで同じにする必要があります。
・書出し時の選択順番と読込み時の選択順番は同じ順番にします

Include(含めるオプション):該当の機能を使用していなければチェックなしでも大丈夫です。

Hierarchy:通常はSelectedでよい。

Channels:通常はAll keyable。

Time range:通常はAll。タイムスライダーの範囲だけでいい時はTimeSlider、SingleFrameは1フレームだけ(ポーズ)。 

【書き出し(読込み)時の注意】

・フレームレートは書出し時と読込み時で同じにする必要があります。
・書出し時の選択順番と読込み時の選択順番は同じ順番にします。

【読込み】

主な項目
import Method(読込方法):Selected の場合、Exportで選択したものと同じ階層と順番にしておく必要があります。
Match Method(合わせ方法):何をもとに動きをつけていくか。hierarchy かString。
Time range:From Fileがおすすめです。



page top


【便利なスクリプト】

自習部屋さんのスクリプト

AriAniKeyCycle http://cgjishu.net/blog-entry-268.html

アニメーションキーの最初と最後の位置とハンドルの角度を同じにすることで、ループアニメーションが滑らかにつながるようにします。
選択範囲を指定して、途中のキーを合わせることもできます。

 




トップに戻る