ライティングの種類


■よく使用するライティング種類


●Right Editor (ライトエディター)

ライトを一括管理できます。起動は上のアイコンか↓から。

 

 


●よく使用するライトとその特徴

【よく使用するライトとその特徴】

 DirectionalLight :1方向のライト。減衰しない。 太陽光など主となるライトに使用される。

PointLight :点光源。中心から全方向に照らすライト。電球、ろうそくなどに使用される。

AreaLight :大きさを持ったライト。やわらかい光。 ←旧Areaライト

SkydomeLight:全天候型。シーンの中心に向かう光。環境全体を照らし、影が柔らかい。

PhysicalSky:空と太陽が用意されている全天候光。太陽の位置や大きさ、有無も設定できる。

MeshLight:オブジェクトをライトにします。

 


【DirectionalLight】

Create >Lights > DirectionalLight
1方向のライト。減衰しない。太陽光など主となるライトに使用される。
スケールや移動もできるが、光の強さには関係なく、光の向く方向(回転)のみが有効。

ライトの明るさ= color * intensity * 2exposure

Color:ライトの色

Intensity:ライトの強さ 高いほど明るい

Exposure:露出 高いほど明るい

Intensityは1のまま、Exposure値を上げるのが良いが、Exposureは一気に明るくなりコツがいるので、Intensityで調整してもよい。

 

(左)Intensity1、Exposure1(右)Intensity1、Exposure3


【PointLight】

Create >Lights > PointLight
点光源。中心から全方向に照らすライト。電球、ろうそくなどに使用される。

Intensity1、Exposure12

page top


【AreaLight】

Arnold > Lights >AreaLight
大きさを持ったライト。やわらかい光。Create >Lightsにもあるが、Arnold版の方がより細かい設定が付いている。

Sample値を上げないとノイズが入りやすい。


Intensity1、Exposure12


↑Spreadを0にした状態。映画館のようになる。

LightShape のCylinder

LightShape のDisk

LightShape のDiskのSpread値を0にするとスポットライトのようになる。

page top


【SkydomeLight】

Arnold > Lights > SkydomeLight

全天候型。シーンの中心に向かう光。環境全体を照らし、影が柔らかい。Sample値を上げないとノイズが入りやすい。
また、影が淡く立体感に乏しくなるため、DirectionalLight等と併用するとよい。

Intensity1、Exposure0 Sample2

HDRI画像を貼ることができる。素材はPolyhavenなどからDLできます。 (○参考サイト/資料


【PhysicalSky】

Arnold > Lights > PhysicalSky

空と太陽が用意されている全天候光。太陽の位置や大きさ、有無も設定できる。


【MeshLight】

Arnold > Lights > MeshLight

オブジェクトをライトにします。やり方は簡単。オブジェクトを選択し、Arnold > Lights > MeshLightを選ぶだけ。

アウトライナーで確認すると、親子関係になっています。選択して値を変更できます。

ただこれだけでは周りがボヤっと光るグロー表現ができません。

Arnoldの設定が必要です。下記のように選択します。
レンダリング設定↓

ハイパーシェイドに新たに「aiAtomothphere」というマテリアルが出来ますので、数値をいじって調整してください。



 

 

 

 

page top

トップに戻る