ライトを使った表現


■ライトを使った表現

 

●ゴッドレイ(光の筋)

ゴッドレイ(光の筋)の表現を、スポットライトを使用して表現する例です。

 

・ライトの配置

今回はSkydomelightとSpotLightを使用し、外から照らしています。

スポットライト(SpotLight)はCreate > Light >SpotLight

スポットライトの設定内容です。数値は状況によって変わるのであくまで参考です。
あとからでも調整できます。

Decay Rate 設定

減衰なし(No Decay):減衰なし。ライトはすべてを照らす。

リニア(Linear):ライトの輝度が距離に伴ってリニアに減衰する(減衰率は実世界のライトよりも小さい)。

二次(Quadratic):ライトの輝度が距離の 2 乗に比例して減衰する(減衰率は実世界のライトと同じ)。

三次(Cubic):ライトの輝度が距離の 3 乗に比例して減衰する(減衰率は実世界のライトよりも大きい)。

・Arnoldの設定

レンダー設定を開き、ArnoldRender >Environment 
→Atomosphere の横のチェッカーマークボタンを押して「Create aiAtmosphereVolume」を開きます。

すると、HyperShadeに「aiAtmosphereVolume」のマテリアルができますので設定を開きます。

(↓全体を上から見た図。光がボリュームを持って出現している。)

・色温度設定(SpotLight)

光の色温度が設定できます。SpotLightShape のArnold でUse Color Tempertureをオンし

数値を変えます。数値 低い←(赤~黄色~白~青白)→高い です。

実世界の色温度を知りたい場合は「色温度」でweb検索してください。

 
(Temperture値 左3000 右15000)

 



 

トップに戻る