■オリエンテーション

【オリエンテーション】

■この授業の目的■

個人で映像を制作できるようになろう。

これまでに学んだ知識をフル回転させ、最終的に一つの映像として完成させてもらいます。
これまでの授業では基本的な技術を先生の指示に従って習得する、という形でしたが、この授業は主に自分で考え制作してもらう形式になります。受け身ではなく、自分で映像を作るんだ という意気込みで行動してください。

また、この授業では、一通りの工程を行い完成させることを主とします。一か所にこだわりすぎて時間が足りなかった ということにならないよう、時間配分にも気を配ってください。(もちろん、進捗状況は逐一確認はします。)
「ものを完成させた」という事だけで自信になるし、成長できるはずです。

 

自分の考えを人に伝えることができるようになろう。

授業ではテーマに沿った映像作品を制作します。そのテーマを自分ではどう理解したか、見る人にその意図を伝えることも必要です。
絵コンテ作成後には、どんな意図で作るのかをまとめた説明用資料の制作、最終の映像が完成した際には、作品の資料とプレゼンを行ってもらう予定です。
人前で話しをすることが苦手な人もいると思いますが、場数を踏んで慣れることが第一と思います。

 

③自分で知識を習得する癖をつけよう。

情報はwebなどにもたくさん転がっていますので、自分から有意義な知識を得ることも可能です。
もっと効率のよいやり方がないか など、どん欲に探していってください。
また、映像など自分がこれまで見ていなかったものなども積極的に見るようにしましょう。
YouTubeでMADも面白いとは思いますが、映画やアニメなど映像作品として作られているものも見てください。

 

自分なりの「オリジナリティ」を見つけよう。

アプリケーションが発展し、Vtuberなど3Dや映像制作に携わる敷居がとても低くなっています。たとえばVroidなど、CG制作を学んでいなくてもキャラクターが作れてしまいます。
そんな中で、あらためて「自分が作る意義」というものを考えてください。
基礎力を習得した上で次の段階である、自分なりの「オリジナリティ」というものも模索してください。
この授業で結論を出す必要はありません。目指すところはみんな異なると思いますが、自分の武器は何なのだろうか 考えることを行って下さい。

 


 

トップに戻る