・色の基礎

の基礎】


■色の三属性

色には、三つの属性があると言われています。

【色の三属性】

色相:青や赤など 「色味(色合い)」
明度:色の「明るさ」
彩度:色の「鮮やかさ」

○色相環図(カラーホイール)

色相の変化順に円形の輪で配置した図を「色相環(カラーホイール)」と呼びます。下図は12の色相環図ですが、24など 数の多い色相環図もあります。

↓このうち、赤(R)、緑(G)、青(B)を「光の3原色」といいます。

↓また、反対側にある色との関係を「補色」といいます。

補色の組み合わせは強いコントラストになるため、ロゴなど目出たせたい場所などに使われます。
下図は補色を重ねた図です。どぎついコントラストになりますので好みは分かれるかもしれません。

↓両隣など、色味が似ている色を「類似色」といいます。

下図は色相を人づつずらして配置したものです。
調和がとりやすいですが、組み合わせによっては見にくく目立たなくなります。

 

○トーン

色の三属性のうち「明度」「彩度」が似ている色をまとめたものを「トーン」といいます。これらはWebサイトデザインやファッションなどいろいろなデザインで考慮されています。
各トーンごとの名称と与える印象は以下の表のとおりです。

↓ここではPCCS(日本色研配色体系)が定めるトーンの色見本を表示しています。

カラーサイト.com より)

主にはWebサイトのトーンデザインで使用されます。CG制作の上では直接関連することは少ないかもしれませんが、デザイン物の配色の参考になります。また色の指示出しなどで「ここはブライトの赤を使って」といったような使い方も出来ますのでぼんやりとでも覚えておきましょう。

PCCSトーンマップの記載されているページ https://www.color-site.com/pccs_tones

トップに戻る