– 参考サイト/資料 –

 


【参考になるサイト/資料など】


 

【ネットで見ることができる短編映像作品サイト】

・Youtubeで探す

 Youtubeで「Animated Short Film」で検索すると、多くの短編アニメが出てきます。
 

 他にも、「短編アニメ」「ショートフィルム アニメ」などで検索すると多数の映像が出てきます。

Pixerのショートフィルム:youtubeで見ることができるPixerのショートフィルムです。

●身近な映像コンテスト

 ・CGアニメコンテスト:昨年で30回目を迎えた、日本の自主制作CGアニメコンテストの作品群です。個性的な作品が多数あります。「君の名は。」の新海誠さんもこの賞の12回グランプリ受賞者です。

 ・KLab Creative Fes:「KLab株式会社」による日本最大級の学生デザイナーのお祭りです。

●海外の映像会社

PSYOP(サイオプ):アメリカの映像広告、ゲームの制作スタジオのサイトです。高品質な短編映像をサイトに多数アップしている会社の情報です。

 ・STUDIO AKA:コマーシャル映像、テレビ番組、短編映像など多数制作しているイギリスのアニメーションスタジオのサイトです。

 

その他

 ・フミ子の告白
2009年制作の当時話題になった作品で、大学生の自主制作作品です。ダイナミックな構図や疾走感などのデフォルメが気持ちよく表現されています。

 

 フミコの告白は、2009年に製作された短編アニメーション作品。京都精華大学マンガ学部に在籍していた石田祐康をはじめとする学生の自主制作作品で、YouTubeやニコニコ動画で公開された。疾走感が評価され、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門など数々の賞を受賞している。 (ウィキペディアより)

 

 その他にもいろいろ映像を見て引き出しを増やしてください。

page top


【CG関連情報サイト】

3D人-3dnchu- (すりいでぃんちゅ) ▸CG全般/情報/ノウハウ

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介されています。

CG自習部屋 Mayaの時間 ▸3D/情報/ノウハウ/プラグイン・スクリプト

Mayaの操作メモや「かゆいところに手が届く」MELなど多数。

ア二ログ(CG Animation LOG)  ▸3D/モーション/ノウハウ/

特にモーション、アニメーションについての情報が豊富でとても参考になります。ツールのTIPSなどもあり。

インディーゾーンブログ ▸3D/MAYA/ノウハウ/

DCCツールやプラグイン販売会社のインディーゾーン様のブログです。
MAYAのプラグイン系ツールのシミュレーション実験など、基本をわかりやすく説明してくれています。

ayato@web ▸映像制作/AfterEffects・Premiere /ノウハウ/プラグイン・スクリプト

古くからのサイトで、主にAfterEffectsの使えるHowtoが色々掲載されています。プラグイン・スクリプトやサンプルaepの配布もされています。

Adobe After Effects エフェクト一覧 ▸AfterEffects/プラグイン

文字通り、AEの標準エフェクトの一覧表です。全エフェクトを画像付きで紹介しています。

 


【参考動画】

●『AREA JAPAN』 ▸3D関連/MAX/MAYA/ノウハウ

MAYAや3DSMAX等のメーカーAutodeskによるCG、映像の情報発信サイトです。
基本的な操作から、3Dデザイナーを交えての制作方法の解説などあります。

Start@MAYA

MAYAの超基本からレンダリングまで、一通りの流れを簡潔に紹介してくれています。

Chara@Maya

キャラモデルの作成方法を紹介する参考チャンネル。

 

CG ONLINE ACADEMY  ▸3Dモデリング/MAYA/

糸数弘樹氏(ディズニーやワーナーなどハリウッドで活動)のCG講座。

「Maya ボディーモデリング」クラス 授業風景、 腕と足についての講義

↑上記チャンネルから。腕と足の筋肉の付き方、動き方の講座です。

●『HigaCGチャンネル ▸3Dモデリング/MAYA/Substance Painter

海外で活動中の3DCGモデラー 前東 勇次(Yuji Maehigashi)氏のチャンネル。
MAYAでのモデル制作やSubstancePainterなど、わかりやすく面白く説明されています。

 

●『ダストマンTips』 ▸映像制作/モーショングラフィックス/AfterEffects/

フリーでCM映像など制作されているDustmanさんのチャンネル。
AfterEffectsを中心に、モーショングラフィックスの作成方法や映像制作で使えるTipsを紹介してくれます。
DustmanさんのWebサイトもあります。→https://vook.vc/Dustman/notes

 

●『Action Planetあくしょんプラネット』 ▸映像制作/モーショングラフィックス/AfterEffects/premiere pro/photoshop/Illustrator

AfterEffectsを中心に、主にモーショングラフィックスの制作方法などを端的に紹介してくれます。

●『さいとうなおき』 ▸2D/イラスト

ポケモンカード公認イラストレーターのさいとうなおきさんのチャンネル。キャラクターイラストのコツや、一般の人が描いた絵の添削など参考なります。

○その他

●顔→髪制作の参考 

Sergi Caballer - Facial Modeling Timelapse 1/3,2/3,3/3


まとめたページへ⇒Sergi Caballer - Facial Modeling Timelapse

ウォルト・ディズニーで働くモデラーのsergi vaballerさんの四角いキューブから女性をモデリングしていく動画(2013/4/4)
少し古い映像ですが、どうやって顔を仕上げていくのか等、全体の流れを把握できる内容です。カーブを使って髪を作る手順なども見ることができます。

 

●Autodesk Arnoldのチュートリアルサイト

 Arnoldのチュートリアルサイトです。細かい説明や、参考データなどもありDLできます。
↓参考キャプチャ

 

 

 


【素材】

 ※注意:「フリー素材」となっていても、商用利用は禁止されているものや、配布禁止、使用を明記する必要があるものなど様々です。利用規約をよく読んで、使用には気を付けましょう。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス について

CCライセンス(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス)とは、インターネット時代のための新しい著作権のルールです。著作権の規約を明確にするために作られました。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは https://creativecommons.jp/licenses/

※「CC0(クリエイティブコモンズ ゼロ)」という記載がある素材は商用利含め自由に使っても問題ない素材です。

CC0 とは、科学者や教育関係者、アーティスト、その他の著作権保護コンテンツの作者・所有者が、著作権による利益を放棄し、作品を完全にパブリック・ドメインに置くことを可能にするものです。CC0によって、他の人たちは、著作権による制限を受けないで、自由に、作品に機能を追加し、拡張し、再利用することができるようになります。(CREATIVECOMMONS JAPANのサイトから記載抜粋: https://creativecommons.jp/sciencecommons/aboutcc0/

クリエイティブコモンズライセンスには他に6種類あり、クレジット表記やリンク表記さえあれば商用も可能なものから、商用も改変もダメなものまであります。

 

Polyhaven 

フリーのHDRI 、テクスチャ、モデル素材をダウンロードできる。(CC0ライセンス)

・3D textures

フリーのPBR対応シームレステクスチャを多数公開しているサイト(CC0ライセンス)

各ページの「DOWNROAD ALL THE MAPS」 と書かれているところからDLします。解像度はそこまで高くありません。

ambientCG

フリーHDRI、PBR、テクスチャ、Substanceマテリアル、モデルをDL可能。(CC0 ライセンス)

・sIBL Archive

フリーHDRI素材(※CC3.0 商用利用はNG)

・Texturebox

フリーテクスチャ(CC0 ライセンス)、 base、Ao、Heightなど各要素のデータあり。

 

 

■音素材

・効果音ラボ

フリーの効果音音源。商用利用、クレジット表記不要、リンク不要。

・On-Jin ~音人~

フリーの効果音音源。「個人・サークル・学校・ボランティア」での利用は、(営利・非営利に関わらず)フリーで利用できる。それ以外は確認が必要。

・VSQplus+

フリーの効果音、音楽など。商用非商用にかかわらず使用でき、クレジット表記なども必要ない。

 


 


トップに戻る